エネルギー収支の調整と断食

ダイエットをする際には、エネルギー収支をマイナスにすることがポイントです。
エネルギー収支をマイナスにするには、食事制限を行って摂取カロリーを減らしたり、運動をして消費カロリーを増やしたりすることで可能になります。
しかしエネルギー収支がマイナスになってしまうと、気力が低下してしまうのので要注意です。

常に高い質の仕事を常に要求される看護師として働いていると、ダイエットをすることによって仕事の質が低下してしまったり、仕事に身が入らなくなってしまうことはよくあります。
看護の現場では患者さんの命や生活がかかっているため、一つのミスが命取りになってしまいます。そのため、仕事の日にはエネルギー収支がマイナスにならないよう努めることが大切です。

また長期的なダイエットをする場合には、連休を利用して効果的にダイエットすることが可能です。それはプチ断食です。
連休の一日を断食に費やして、一日を回復に利用することによって仕事に支障をきたすことなく痩せることが出来るでしょう。
連休を使えば、常に必死になってダイエットする必要もないので、心に余裕を持ってダイエットに励むことが出来ます。
また断食と合わせて、適度な運動も行えば短期間で結果を出すことも可能になります。

なかなか休みがとれない現場もありますが、長期的に断食にチャレンジすれば、空腹の負荷に身体が慣れてくると日常的に少しずつ減らせるようになっていくでしょう。
看護師でも効果的なダイエットが出来る方法として、覚えておくと便利です。