夜勤専従の看護師は注意

看護師の働き方として日勤ではなく、夜勤を専門に行う夜勤専従が広まってきています。
夜間の人材不足を補うために給料を上げて、募集しています。その給料の高さに加えて、夜間は日中に比べると仕事が少ないことに魅力があることから、夜勤専従を選んで働く人もいます。
また日中は他に自分の好きな仕事をしていて、夜勤は副業にしている人もいます。経験のある看護師にとっては、夜勤専従は魅力的な働き方のひとつでしょう。

夜勤専従の看護師は、長期的なダイエットに励んでいる人は多いようです。
なぜなら日中に比べると仕事が少ないため、暇な時間を持て余してしまうからです。急性期病院や高齢者の入院が少ない病院の場合に多いようです。
その結果として、デスクワークをしていることが多くなり、何となく口元が寂しくなってしまって、お菓子や飲み物を摂り過ぎてしまいがちになるのです。

日勤と夜勤兼務の勤務であれば、それが毎日にならないのでダイエットが必要なほどに太ってしまうことがありません。
しかし夜勤専従になると連日のようにして、過剰な間食を繰り返してしまうことになります。
また日勤もしている看護師と一緒に夜勤をしていると、お菓子などを勧められることも多く、つい食べ過ぎてしまって太ってしまうことが多いのです。

そのため夜勤専従の看護師は、太りすぎないように、長期的に自分を律する気持ちが必要です。
まずは夜勤での間食を控えたり、休日や夜勤前に運動したりする工夫が大切です。